2016.11.25   第2回シンポジウム
会  場: ビジョンセンター東京
協賛団体:(社)日本薬学会・(社)日本薬剤学会・粉体工学会

講演内容
1.Quality by Designのメリットについて
檜山 行雄 氏(国立医薬品食品衛生研究所 薬品部 客員研究員)
2.経口剤のbioperformanceに及ぼす添加剤の影響〜薬物の溶解・析出・再溶解過程
山下 伸二 氏(摂南大学薬学部 教授)
(ランチョンセミナー)
Mr. Marc-Andor Himmel(ドイツJRS Pharma社 エリアマネージャー)
3.Solid dispersion及びCocrystalを用いた過飽和製剤の処方設計
木下 亮 氏(中外製薬株式会社 前臨床研究部)
4.小児製剤開発と添加剤
高江 誓詞 氏(アステラス製薬株式会社 製剤研究所)
5.高含量球形中空粒子製造技術(OPUSGRAN®)の開発〜機能性評価,製造工程へのPAT適用
栗山 淳 氏(大日本住友製薬株式会社 技術研究本部 分析研究所)